HiKamは、プログラム中に警報装置のための3つの異なるトリガー機構を備えています: 

  • 画像照合によるモーションセンサー、 
  • 内蔵型受動赤外線センサー(PIR)、そして 
  • 外部433MHz無線センサー 

その違いは簡潔に述べられます:

  • 画像照合によるモーションセンサーは、素早く簡単にどこでも使用可能ですが、多くの間違ったアラームを引き起こします。 
  • 内蔵型受動赤外線センサーはとても確実に機能し、5メーター以内の範囲をカバーすることができます。 
  • 外部無線センサーは、フレキシブルに使用が可能で確実に機能します。 しかし電波障害が起こる可能性は、一般的に排除することができません。 

さらなる詳細が必要ですか? それはここです:


画像照合によるモーションセンサー(HiKam S5, Q7、A7 対象)

画像を照合するというアイデアは、とても簡単に言い換えられ、明白です:カメラは途切れなく画像を記録し、それら同士を比較します。 例えば、1人の人、もしくは1台の車が画像の中に現れると、アラームが引き起こされます...

... 以下の例:画面に輸送車が確認できます。 アラームが引き起こされます。




しかし:カメラは頻繁に間違ったアラームも引き起こします、揺れている木であったり、変化する薄明であったり、オン・オフされるライトであったり... 

... 以下の例:その雲は間違ったアラームを引き起こします:




理由:つまり、カメラは画像間の違いを認識します;しかしカメラは、それが雲であるのか侵入者であるのかを見分けることができません。


それは、カメラの計算処理能力が、それ相当のアルゴリズムを使用するのに十分でないことに依っています。 確かに、その問題を解決出来るであろう方法はあります - 例えば、画像を異なる範囲に分割することによって(Region Of Interest, ROI)、もしくは感度を引き下げることによって。 私たちの経験によると、それは間違ったアラームの数をそこまで減らさないにも関わらず、設定を大幅に複雑にします。


画像をリアルタイムでサーバーにアップロードし、そこで画像が分析されるというシステムの方が、はるかに優れています。 所謂 Deep Lerning のような最新のテクノロジーを用いることによって、その監視カメラはいわばインテリジェントになります。 間違ったアラームの数は減少します。


内蔵型受動赤外線センサー(PIR)(HiKam Q7 対象) 

要約:PIRセンサーは動く熱源に反応します。




ソース:  http://www.steinel-professional.de/

 

「PIRセンサーは、センサーの受信面の焦電気の利用において温度変化に反応し、近くの環境の人間、動物、及び自動車の放射束の変化(主に中赤外線内の熱放射によって;波長約10µm)を検知します。 そのセンサーは、例えば日差しによるような、自然なあり方で引き起こされる統計的な温度差には反応しません - そのセンサーは、例えば人がセンサーの検知領域に進入するというような、変化するシグナルのみを検知します。(出典:https://de.wikipedia.org/wiki/Bewegungsmelder)

PIRテクノロジーはシンプルで、確実、そして実際の使用において有用であることが実証されています。 そのテクノロジーは、プロフェッショナルなアラームシステムにおいても使用されています。

PIRセンサーは、限られた範囲と制限された検知角度を持っています。 それは、PIRセンサーを持つ HiKam Q7 において、約110度の監視角度内の4〜5メータになります。 それによってあなたに必要な全ての範囲がカバーされているかどうか、現地にて確認して下さい。


Externe 433MHz Funk-Sensoren (gilt für HiKam Q7 und A7) 


外部433MHz無線センサー(HiKam Q7 と A7 対象)

私たちは、自由に使用できる433MHz周波数によって外部センサーと接続できるようにするために、 HiKam Q7 / HiKam A7 に無線モジュールを組み込みました。

私たちは、外部ドア接点、外部窓接点と外部PIRセンサーを提供します。

その外部センサーはものすごく簡単にカメラと接続されます。 それを、ほとんどどこでもあなたの好きな場所に取り付けることができます - 文字通りに、どこでもあなたが最も気に入るところに。 20メーター以内の範囲は、それによって保証されています。



     


周波数 433 MHz は公共の無線チャンネルです。 それゆえ、接続を妨害する可能性のある干渉ソースは、完全には排除されません。 それ以外は、そのセンサーはカメラとともに極めて確実に機能します。